赤羽岩淵駅|あの街ドットネット(あの街.net)−駅から再発見。webまちあるき−

赤羽岩淵 (アカバネイワブチ)
東京メトロ南北線 埼玉高速鉄道線 

隅田川のスタート地点のある川沿いの街


  • 岩淵交差点

  • ララガーデン

  • 岩淵水門

  • 旧岩淵水門

  • 荒川知水資料館

  • 荒川知水資料館

  • METS

  • JR赤羽駅

交通駅環境

電車

  • 東京メトロ南北線 埼玉高速鉄道線 利用可
  • ターミナル駅までの所要時間
駒込 10分 市ヶ谷 21分
永田町 25分 目黒 39分
武蔵小杉 53分 浦和美園 19分
池袋 25分 新宿 33分
1日乗降者数 約71685人
終電時間
(平日)
南北線(目黒・東急線方面)[各停]武蔵小杉行23:48
南北線(目黒・東急線方面)[各停]奥沢行0:02
南北線(王子・駒込方面)駒込行0:16
埼玉高速鉄道線(鳩ヶ谷・東川口方面)浦和美園行0:15

バス(終バス時間)

バス路線 行き先 時間
国際興業バス [赤21]鳩ヶ谷公団住宅行(鳩ヶ谷庁舎経由) 23:07
国際興業バス [赤21深夜]鳩ヶ谷公団住宅行 1:00
国際興業バス [赤23]西新井駅行(荒川大橋・鹿浜経由) 22:58
国際興業バス [赤23-3深夜]西新井大師西駅行 23:33
国際興業バス 赤羽駅東口行 23:11
都営バス:赤羽二丁目発 [王57]豊島五丁目団地行(神谷陸橋・王子駅経由) 22:41
都営バス:赤羽二丁目発 [王57]赤羽駅東口行 22:53
※最新の情報は、各交通機関にご確認ください。

駐輪場

  • あり(有料)

このページのトップへ

東京まちあるき

下町の代名詞「隅田川」はここがスタート地点
現在の荒川はここを境に「荒川放水路」という名称があり、江戸時代に作られた人工河川です。元々の荒川は現在「隅田川」となっており、ここ岩淵水門を起点として、千住・浅草・両国などを経由して勝どき・晴海までの河川として親しまれています。写真は旧水門で「赤水門」と呼ばれています。内部の見学はできません。
荒川の流れを知るための施設
先述の通り、現在の荒川は人工的に作られた放水路であり、その昔は現在の隅田川が荒川と呼ばれていました。洪水の多発する「暴れ川」であったことから、現在の放水路状に広い幅を持つ川となりました。その治水工事などを知ることのできる施設として、岩淵水門の脇にあります。入場無料で見ることができます。
向こう岸は埼玉県
東京都北区と埼玉県川口市を結ぶ新荒川大橋は、国道122号の橋として、荒川を渡る大動脈になっています。現在の上り線の橋は1970年に竣工したもので、長さは800m弱あります。車だけでなく、バスや自転車・歩行者の通行も大変多い橋で、今も多くの人々の大切な橋となっています。

このページのトップへ

近隣駅賃料比較

1R 1K〜1DK 1LDK〜2DK
2LDK〜3DK 3LDK〜4DK 4LDK〜
王子神谷
志茂
赤羽岩淵
※賃貸相場データが登録されていない部分につきましてはグラフは表示されておりません。

賃貸相場

南北線 赤羽岩淵駅 周辺
マンション 平均家賃
1R 6.65万円
1K-1DK 7.51万円
1LDK-2DK 9.68万円
2LDK-3DK 14.12万円
3LDK-4DK 14.71万円
4LDK以上

駅情報

ショッピング

その他